2chビジネスNews速報

これだけは知っておいた方がいいんじゃないの?って2chのビジネスに関連するニュースをまとめています。
Powered By 画RSS
2chビジネスNews速報 TOP > スポンサー広告> ビジネスnews+ > アマゾン(Amazon)電子書籍契約は妥当か無茶か 大手は反発、中小は興味示す?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2chbusinessnewsをフォローしましょう
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アマゾン(Amazon)電子書籍契約は妥当か無茶か 大手は反発、中小は興味示す?

Amazon kindle3

1 やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2011/11/02(水) 08:14:44.27 ID:???

ソースは
http://www.j-cast.com/2011/11/01111860.html?p=all

[1/2]
ネット通販最大手の米アマゾンが各出版社に電子書籍の契約書を送ったと報じられ、
その内容が妥当か無茶かどうかを巡って論議になっている。

日経が2011年10月20日付朝刊1面トップでアマゾンが日本で年内にも電子書籍事業に参入
とスクープしたのに続き、今度は一部メディアがその「契約書内容」を報じた。

■売り上げの55%をアマゾンになど
それは、ライブドアのサイト「BLOGOS」が29日に配信した
「『こんなの論外だ!』アマゾンの契約書に激怒する出版社員」だ。
記事によると、アマゾンは、10月上旬に日本の出版社約130社を集めた説明会を都内で開き、
出版社には、それから数日後に「KINDLE電子書籍配信契約」が送られてきた。
そこでは、すべての新刊を電子化してアマゾンに提供し、
出版社がそうしないときはアマゾンが電子化すること、
アマゾンの推奨フォーマットでは、売り上げの55%をアマゾンのものとすること、
書籍より価格を低くすること、
そして、出版社が著作権を保有すること、などの条項が挙げられていた。
アマゾンへの回答期限は、10月31日までになっている。

記事では、説明会に参加したある中堅出版社の怒りの声を紹介した。
その書籍編集者は、いずれも出版社側には不利となる内容で、特に、出版社が著作権を保有するのを
1か月以内に決めろというのは無理難題だと反発している。
欧米流の著作権管理だが、著者から了解を取るなど難しい手続きが必要だからだ。

こうした契約書内容は、本当なのか。
日経が「詰めの交渉」中と報じた小学館や集英社では、それぞれ
「交渉は進展しておらず、内容も守秘義務があるのでお答えできません」
「(日経で)報道されている事実はありません」とだけコメント。
交渉中という講談社でも、「契約状況はまったく明かせません」とした。
一方、日経がアマゾンと合意したと報じたPHP研究所(京都市)は、その報道を否定。
検討中ではあるものの、まだ合意していないとし、
内容については、「守秘義務がありますので、一切話せません」と言っている。

-続きます-





参照:http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1320189284/l50





2 やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2011/11/02(水) 08:14:50.84 ID:???

-続きです-
[2/2]
■大手は「無茶」多く、中小の一部は理解示す
アマゾン・ジャパンに取材すると、広報部は外出中だったため、契約書内容の事実関係は
確認できなかった。

もし内容が本当だとすると、出版社には受け入れられるものなのか。
ある大手出版社の担当者は、アマゾンの契約書について、
「あんな無茶な要求は、飲むわけがありません」と明言した。
特に、出版社が著作権を保有するという条項については、著作物の複写などを認める著作隣接権を
出版社が求めても著者らが拒否しているような状況で、実現させるのは難しいと指摘した。
また、この出版社はアマゾンと交渉中だが、飲めない条項ではそもそも交渉しない。
こうしたことから、担当者は、「同一の契約書を配っているとは思えませんね」として、
アマゾンが中堅出版社などとの二刀流を使っている可能性を示唆した。

アマゾンと交渉している別の大手出版社では、出版社が著作権を保有という条項の話はないといい、
「そんな厳しいことは無理では」と漏らした。
売り上げの55%をアマゾンのものとすること、すべての新刊を電子化してアマゾンに提供すること
などの提示もなかったという。

一方、中小の出版社からは、アマゾンの条項は必ずしも法外とは言えないとの声も出ている。
ある出版社は、契約書は来ていないとしながらもこう話す。
「55%は法外かもしれませんが、出版社に入る利益は、紙と大差ないんですよ。
電子書籍なら、取り次ぎへの支払いや印刷などのコストがかからないからです。
著作権の保有についても、アップルがiTunesを手がけたときに無理とぼろくそに言われながら
成功していますし、ケースバイケースでしょう。
大手の営業の力が強くて本をなかなか書店に卸せない中小の出版社にとっては、逆にチャンスかも
しれないですね」

ネット上でも、アマゾンの契約書について、賛意を示す書き込みも多い。
「半分以上とかボリ過ぎだろ」といった指摘もあるが、
「消費者は望んでいます」「動揺してたら作家と直接取引し出すぞ」との声が出ている。

-以上です-




3 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:17:35.88 ID:uYhKRjq4

高給が維持できなくなるならなw
電子書籍なんてしたくないだろう。




4 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:21:25.04 ID:+mtkUJkG

TPP?



5 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:21:36.56 ID:oF86wTIp

作家と直接取引なんてAmazonにできるわけねえじゃん。
第一、大抵の作家は編集なんてできねえぞ?
それもAmazonが見繕って来るって言うのかね?




9 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:24:26.54 ID:gDIsTz7c

>>5
編集できない作家が淘汰されていくだけだろ




12 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:26:37.87 ID:oF86wTIp

>>9
じゃあ、ほとんどの作家は淘汰されるのか?(笑)

馬鹿も休み休みいえ、このあほ。




6 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:21:46.22 ID:5ukHHu9A

アメリカでももう伸び悩み、しょせん電子じゃ流行らない



14 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:29:49.25 ID:RBJlAC1F

>>6
アメリカは電子ブック伸びまくってるよ。
読みにくいとか言いながら買い続けるあいつらがよく分からん




7 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:21:56.58 ID:mqNEQl7L

大手が反発してるなら、消費者にとっては良いことなんだよ。



8 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:23:16.80 ID:xdLzvagz

作家と直接取引する状況を誘発させたいんだろうな。
そもそも大手出版社から参入はハナから期待してない。断るならこっちから動くぜ
と言いたいのか・・・?




11 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:26:12.55 ID:oF86wTIp

>>8
単に脅しでしょ?
書籍出版、販売権は出版社を持っているので、作家引き抜いたぐらいじゃ売れないよ。
一から書いたとして売れるかなんて誰にもわからないしね、コミットメントが得られない
ようなところにわざわざ作品なんて書いたりしないしね。




10 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:25:39.90 ID:d2IkPfWL

そういう部分だけを請け負う編集専門が出てくるよ



13 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:28:54.39 ID:oF86wTIp

>>10
編集会社だって遊びでやってるわけじゃないんだから、作業分の金もらわないと
やらんよ。それも売れた分だけとかなんて編集会社が受ける訳ないじゃん。
ついでに言えば、デザインやDTPをやるデザイナーまで売れた分だけの印税支払
いとか無理だろ。




15 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:30:33.60 ID:dgGX96bB

Amazonなんか要らない



16 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:30:48.17 ID:Ek12YQgM

じゃあ、アマゾンの取り分を売上の55%から35%に変更したらどうなるの?



20 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:33:01.92 ID:oF86wTIp

>>16
35%でも受けるところは少ないでしょ。
だって、そこそこ歴史のある出版社だったら取次仕切りが30%以下なのに、
わざわざ35%でAmazonに卸したりしないんじゃない?




17 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:30:56.69 ID:AlEOqXZd

アマゾンの説明会に参加した某社知財担当です

質問一切受け付けず原稿読み上げだけでした

進行役の方も目が死んでいてブラック企業かと思いましたよ




68 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:20:43.11 ID:WE4+zg7Y

>>17
アマゾンの流通管理部門は仮面ライダーブラックも真っ青の超ブラックらしいぞ
ホワイトカラーもブラックだろうな。




18 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:32:15.81 ID:kLDEdsC1

印刷代や取次の分をまるごと寄越せって事だろ
これじゃ電子書籍だから半額とか到底無理だな




19 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:32:38.41 ID:gDIsTz7c

ID:oF86wTIp
なにを怒っているのかしらんが、そもそも編集なんて仕事はクリエイターにおんぶにだっこの仕事だろ
なにも作り出していない
消費者が編集を必要としている時代はもう終わり




24 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:38:58.97 ID:X0w42EVI

>>19
お前は作家の力を過信しすぎ
最初から完成された奴なんて非常に稀だ




25 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:42:05.38 ID:TlquFyyT

>>24
それが事実ならそこに新しいビジネスが生まれるだけだろ。
別に既存の出版社である必要ないよね。




21 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:33:27.13 ID:hi+Rt85T

紙の本とともに海のモズクになって沈んでいくか
アマゾン鯨のコバンザメとして、ひっそり泳いでいくか

         二 者 択 一




22 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:34:30.13 ID:oF86wTIp

>>21
最終的に日販、東販が共同で電子書籍ポータルサイトを作るんじゃねえかと
思ってる。
二つの会社とも大手出版社が大株主だし。




23 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:36:50.61 ID:TlquFyyT

時代の変わり目って奴だな。
いままで大手ということであぐらをかいてたところが、
それを覆されそうになって必死に喘いでるといったところか。
混乱期が過ぎれば新しいルールの下で新しい秩序が生まれてくるでしょ。




26 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:44:55.21 ID:3+vJ/COO

俺が育てたw

糞編集、仕事なくなりそうで必死w




30 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:47:28.40 ID:oF86wTIp

>>26
いや、別に編集は大してびびってないと思うよ。
同じように出版社も別になんとも思ってないと思う。

現状でびびるほど電子出版は成功してないしね。
ただ、販路としてAmazonの電子書籍が売れるようになればそれはそれで売上が上がるから
良いと思ってるだろうけど、半分以上持って行かれるならやらねっていうだけだろ。




34 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:50:24.49 ID:ucKe/0Sb

>>30
編集が必要って考えは理解できるが無理だろうね。
ネームバリューのある作家はきちんと出版したいだろうから編集会社を通すだろうし、通してもそれ以上の利益が上がるから問題なし。
売れない作家はとにかく原価を削りたいから見てくれなんか二の次で中身で勝負。
アマゾン的には上は数が出るし下はまぐれでヒットが出ればオッケーとどっちもおいしい。
編集会社は新人扱い量が減って先細りになった10年後に気づいても手遅れ。

まさに音楽業界のたどった道じゃないか。




27 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:46:33.54 ID:BQLW9VcC

アマゾンGJ! 出版社は潰していいよ



28 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:47:00.23 ID:kLDEdsC1

編集無しとかスポーツ選手に指導者着けない様なもんだろw



35 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:51:38.34 ID:3+vJ/COO

>>28

たしかにどんなスポーツ選手だって、コーチつけてる。
タイガーウッズだって個人コーチつけてるだろう。
でも、そのコーチは獲得賞金の9割よこせとは言わない。

一冊数万程度だせば編集してくれる仕事は出てくるかもしれんな。




29 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:47:01.92 ID:NJy5baxq

どっちが消費者にとって利益か、に尽きるんじゃね?

業界の都合で高い金払わされたんじゃかなわんからな。

紙メディアでも良質のコンテンツが提供できれば生き残れるだろうし。




31 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:48:07.20 ID:3+vJ/COO

新人賞もらった編集部から
一生本をだし続けなきゃならないルールがあるわけでもなしw




36 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:52:15.04 ID:oF86wTIp

>>31
そんなの当たり前だよ。
ただ、ミニマムコミットメントがないとやってられないって言う話だと思う。
Amazonがミニマムコミットメントをくれるなら喜んでAmazonに出す作家も
いるんじゃねえの?

>>33
いや、ラノベ作品の編集なんてそりゃそういうもんだろ。
だって、一つの出版社で毎月10冊以上ラノベがでてるべ、あんな大量生産の
に力を入れる編集もいねえんじゃね?
そこそこ売れるようになってやっとまともに編集が相手にするとかそういう
モンでしょ。




58 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:12:00.74 ID:9LR4Su+k

>>36
>だって、一つの出版社で毎月10冊以上ラノベがでてるべ、あんな大量生産の
>に力を入れる編集もいねえんじゃね?
ほーほー、つまり編集無しでも出版は可能なわけね。




59 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:14:25.12 ID:oF86wTIp

>>58
最低限の校正は出版社の中に校正マンがいるから、それだけ用意すれば
良いと思うよ。
後は自分でイラストレーターをアテンドして広告を打って書店でPOPすれ
ばできるだろ。
電子出版の場合は書店のPOPなんてないだろうから、ネットでどうやって
導線を作るかも考えないといけないが。

そういう自己プロデュースができる作家ならやれるんじゃね?




74 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:30:41.44 ID:PeUamFpO

>>36
そもそもその力関係がおかしいって話しだな




32 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:48:08.46 ID:dqu23JFO

欧米だと「出版社が著作権保有」が一般的らしいね。



33 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:49:03.80 ID:2u9IU00L

現役ライトノベル作家の俺が来ましたが、バッサリ編集者は不用ですね。
資料を集めたりアイデアを出してくれたり、
デビュー前は「編集者は作家を助けてくれる存在」だと思っていたのですが、
現実はただの無能な官僚で、人気作を書けるレベルの作家には害でしかないし、
編集者のレベルの低さ故に、自己管理のできる完成された作家以外は今は成功できません。
(編集者が忙しすぎるのもあるんですがね・・・担当に回されてきた編集者が
自分の過去作を一作も読んでいないのにはもう慣れました。
ナナメ読みして「ええっ!?」といいたくなるような改稿指示……
わらってタイコモチができないとプロは続けられません)




55 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:09:20.36 ID:U7Yqujmq

>>33
昔は編集者はタイコモチにならないといけない
って聞いたことがあるんだけど今は逆かw




57 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:10:41.50 ID:oF86wTIp

>>55
ラノベ作家なんて今じゃ掃いて捨てるほどいるからね。
大抵は初刷りが1万以下とかだし。




88 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:43:41.51 ID:MJupZIZr

>>33
そう思うんなら、出版社と縁を切って、全部自分でやればいいんじゃないですか?
へたな商業作家より、コミケで同人誌とか売るほうがもうかるらしいじゃないですか。

ただ、世間的にはそんな作家どうよ? って感じがしないでもないが




103 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:52:34.93 ID:9LR4Su+k

>>88
>ただ、世間的にはそんな作家どうよ? って感じがしないでもないが

以前朝日の記者が、ある著名人のインタビューだかエッセイだかを載せようと
交渉したら、「朝日新聞?特に興味ないです」と断られたのを、さも意外だったと
書いていたけど、いい加減「○○出版から本を出せたら一流」ってな価値観から抜け出たら?




106 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:56:16.32 ID:MJupZIZr

>>103
だから、そう思うなら全部自分でやればいいじゃない。編集とか装丁とか宣伝とか販売とか、全部自分でできるんなら
むしろ、電子本だけで食える作家が出てくるのを楽しみに待っている




115 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 10:02:36.47 ID:RALzOw/5

>>103
大手出版というブランドは、「多分面白いだろう」と消費者に思わせて
何となく買わせる魔力みたいなのが少なからずあると思う
(朝日がそうであるかはひとまず置いといてw)
これからそういったブランドが無くなったとしても、
代わりにコンテンツの格付けやカテゴライズの大手が現れるんじゃないかと考えてる
「◯◯がそう言うなら間違い無いだろう」みたいな




37 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:53:37.08 ID:3+vJ/COO

びびってない高給取りの出版社は未来が読めない馬鹿なだけ。
レコード会社と同じになるのはわかりきってるのに。
おいしいところはみんな外国の企業に取られるw




38 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:55:40.31 ID:rG8c2fCn

日本だと書いた人間には法律上必ず権利が残って完全委譲はできないのだっけ



39 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:56:33.34 ID:9vGfL+fC

>>38
出来ない




40 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 08:57:17.22 ID:6jvzp2WG

俺も最近じゃしょっちゅう尼使ってるけど、法人税を日本じゃなくアメリカに払っていると聞いて
いつも心を痛めながら注文してる




41 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:02:55.29 ID:itmH+qtm

電子書籍に手を出すのはミーハーくらいだろ
無くなりはしないけど、主流にはならず紙に取って代わる事もない
有事でも起こったらバッテリーの電力を確保できない状況になるから読めやしない
本で読むのと、PCに取り込んだ画像で読むのと、どっちが良いかやってみればすぐわかるし
海外はどうだか知らないけど、国内に限ってはアマゾンの電子書籍は盛大に散って終わるよ




54 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:08:24.24 ID:3+vJ/COO

>>41

今、アメリカの電子書籍がどうなってるか勉強してから来てね。




122 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 10:07:07.53 ID:BQLW9VcC

>>41
まさにiTunes storeが始まった頃のデジャヴwww




42 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:03:05.41 ID:WhPZnHD8

ペーペーは初版の印税がまとまって入ってくる書籍の方がいいだろ。
電子書籍だと実売の印税しか入ってこないぞ。




50 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:05:39.32 ID:oF86wTIp

>>42
ペーペーじゃなくてもミニマムコミットがないんじゃ大概の作家がやらねえだろ。

第一、自己プロデュースができる作家ならわざわざAmazonで売らんでも、iTunesとAndroidマー
ケットにアプリを作るんじゃねえかなぁと思う。
実際そういう作家もいるし(主に技術系の作家とかだけど)。

ただ、村上龍が自分で電子書籍の会社を作った話をしてたけど、現状黒字になるほどの収益は上げて
ないっつうてたな(というか、かなりの赤字っていってた)。
あの人は金があるので、それでも維持できるんだろうけど、個人の作家でそこまでできるか?ってい
う話だと結構むずいんじゃね?って思う。




43 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:04:12.26 ID:hjn6X6uC

電子書籍は、本がただの情報商材に堕すだけだからやめとけって。



44 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:04:20.56 ID:rG8c2fCn

才能ある作家を発掘して直接的な電子出版を"アシスト"する業者、ビジネスが広がりそうだな。



45 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:04:24.09 ID:Tlmdyvhr

TPP反対の人多いのに、こういうのだけは日本企業の方叩く人多いね。



66 忍法帖【Lv=40,xxxPT】  投稿日:2011/11/02(水) 09:17:46.34 ID:9goAJf1l

>>45
TPPとこの件に何の関係があるんだよw




46 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:04:31.28 ID:yJ7eumMI

これはあれだな
うちはやらないって振りして、いざ蓋が開いたら入ってる(テヘッ ってやつだなw




47 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:04:45.73 ID:HX4d0Nya

自炊すら非難してるのに55%利益をよこせなんて承服できないよね出版者さんww



48 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:05:16.94 ID:Ju/Qk9DR

毎度毎度くだらない

嫌なら契約するな




49 33 投稿日:2011/11/02(水) 09:05:18.00 ID:2u9IU00L

スカイプでこの話してたんですが、
かなりの人気どころも含めて、自己編集でイラストつきの
電子本まで完成させてアマゾンと取引は可能といっていますね。
(というか普通に同人の世界でみんなそれやっていますので)

というか、出版社の「本が出せるんだぞ!金なんていらないだろ?」
な姿勢にはもうウンザリですね――
印税10パーセント(これ以下の場合も多いんですが)もボリすぎですし、
日本の出版社、マジでいらないです。
(肥大化しすぎですよ……打ち合わせいくと、
この巨大なビルと大量の正社員を9割のピンハネで養ってるわけか……
とウンザリしますもん)




51 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:06:56.36 ID:LGWV+IlC

楽天やヤフオクみたいに、最初はこっちの取り分はタダでいいですよ~って客集めなきゃダメだろ。
で、のちに50%とか70%とかに上げていく。
いきなり50%ってアホか。




53 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:07:32.26 ID:hi+Rt85T

>電子書籍は、本がただの情報商材に堕す

そんなことはないよ。
「パラパラ」できないからキンドル版のほうが
一生懸命、中身の文章を読んでもらえるよ。

ブックオフに投げ売られて、潜在的な読者層に
100円で買われていくほうが
よほど損していることに速く気付かないと




99 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:48:20.76 ID:8DCh9GOK

>>53
単なる情報商材だよ。
電子書籍業者は本を消費財としてしか考えてない。
これが改まらない限り、電子書籍は普及しない。
ま、絶対に改まることは無いけどね。

しかも電子書籍は売れる本は、トップ20かせいぜい50まで。版元にとっても著者にとっても魅力はないよ。




56 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:10:11.51 ID:3+vJ/COO

日本がやっても、どうせ著作権がちがちの使いにくい形式にするだろうから、
はやらない。




60 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:14:39.76 ID:gynLl9+2

まさかキンドル上陸まで日本の出版社が何もしてなかったことに驚き。

殿様商売、利権商売にあぐらをかいて消費者無視でぼろ儲けたくらんでたんだろうな。




61 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:14:53.46 ID:XUvylVAr

音楽業界もそう思っていた時期がありました。



62 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:14:54.64 ID:3+vJ/COO

ハードカバー → ノベルズ版 → 文庫
で金儲けしてた出版社涙目w




63 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:15:01.42 ID:gLlg0SRv

マスコミってTPP賛成派が多いのに、なんで自分達の市場開放には消極的なの?



64 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:15:08.55 ID:hxpR4JJ9

大手出版社は給料の高さを維持しようとして本や雑誌の値段を高くしてる
amazonに媚びを売らなくてもいいが作家や漫画家は早く脱出して独立会社作ったほうがいいよ




65 忍法帖【Lv=40,xxxPT】  投稿日:2011/11/02(水) 09:15:53.29 ID:9goAJf1l

コレに関してはAmazonを支持するな。
他国の方ががいいとは言わないが、
今の日本の出版システムは中抜きが多すぎる。

出版に関してはアメリカ式、つーかAmazon式に変えたほうがいいよ。
大手出版社が放送業界も巻き込んで、猛烈に抵抗するだろうが。




79 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:34:38.18 ID:MJupZIZr

>>65
アマゾンの55%も抜きすぎやろ




83 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:39:43.41 ID:PeUamFpO

>>79
数字だけ見れば45%が作者に入ってくるなら紙の本にするより好待遇
実際に消費者に売れないと1円にもならなくなるが




93 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:46:01.03 ID:MJupZIZr

>>83
作者に入ってくるんじゃなくて、出版社の取り分。著者の取り分は、20%以下か。
電子本の灰倍価格を、紙の本の例えば50%にすると、結局著者の取り分は10%じゃない?




100 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:48:59.04 ID:PeUamFpO

>>93
ああ、出版社がamazonで販売した場合の数字だったか




67 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:18:47.86 ID:hi+Rt85T

ハードカバー → ノベルズ版 → 文庫 → キンドル版
で絶版なし

がWIN=WINの関係でいいんじゃね




69 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:23:18.25 ID:uoLfQBOj

紙の本を読まない人間が、電子書籍になったからと言って読む分けが無い、今まで
読んで来なかった奴に限って、『これに、本何冊分入ってる・・』と、小さな自慢を
するので終わり。やはり本当にじっくり読むなら紙の本。




70 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:23:45.79 ID:zPd97M1W

上の方でも書いてあるが、Amazonが本を編集する事が出来ない以上、ある程度出版社の移行は聞くしかない
55%はハッタリだろう




71 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:24:12.48 ID:Rfwzyd9m

アメリカ版はどれくらい取ってるんだろ



72 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:27:40.60 ID:RALzOw/5

作家とAmazonの個人契約が主流になるなら、
彼らを仲立ちするエージェントとして優秀な編集者が
作家との個人契約の形で存在するようになると思う




77 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:31:37.75 ID:MJupZIZr

>>72
>推奨フォーマット以外なら安いのかな?

高くなるんだよ、60%に。変換手数料ということらしい




73 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:29:45.89 ID:ci3g8iTr

>アマゾンの推奨フォーマットでは、売り上げの55%をアマゾンのものとすること
推奨フォーマット以外なら安いのかな?
ぶっちゃけ、これは事実上の販売価格を高く維持するための設定だね。
そういや以前、ねぎまの著者が電子書籍だと字が読めなくなるので2ページブチ
抜きのマンガか描けないとか言ってたな。今までのも手を入れなければダメと。




75 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:30:58.73 ID:gcOy9/4a

著作権は出版社が持て、つまり作者から著作権を取り上げろ、
っていう点でうまく行きそうに無いな。

最終的に作品を生み出すのは作者。
現の著作権者に不利な条件を前提にしたら、いくらそれがアメリカ流だからって、
いまTPP反対等で産業ナショナリズムが強くなった日本では、逆に受容されなくなってしまう。




76 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:31:34.95 ID:q4ai/axJ

専門書は電子書籍がいいな
重すぎる




78 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:32:43.40 ID:3+vJ/COO

今でも著作権の切れた英語古典の電子データなんて、
ネット上でどれだけ充実してるか。

紙の本しか読まないとか言ってる人は、
英語の本読む習慣ない人だろ。




95 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:46:49.49 ID:SjvQMnls

>>78
英語古典の電子データを読む人間がどんだけいるんだよ。
お前の特殊な世界は除いてな。




80 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:34:47.32 ID:z4Lxt2ta

新刊が安くなるならアマゾンを応援する




81 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:39:13.98 ID:Gjmf/sGR

55は凄い数字だが、それだけ舐められている証拠だよ。
規制で守られてきた産業はTPPで壊滅するな。まぁ、そのほうが便利になりそうでいいんだが。




82 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:39:26.34 ID:5ukHHu9A

電子ゴミはその存在も論外



84 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:42:05.97 ID:RALzOw/5

現状の800x600ドットの電子ペーパーでは、日本語や漫画を表現するのに力不足と感じるので、
特にガジェット好きでもないユーザーが日本の電子化コンテンツに
飛びつくとは考えにくいが、
デバイスの改良なんてあっという間だから、それまでにこれからのユーザーを繋ぎとめる一手を打たないと
どの道将来の収益なんて無くなっちゃうのでは?




97 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:47:32.53 ID:PeUamFpO

>>84
文字データなら拡大すれば良いだけだから日本語でも問題無い

漫画は致命的
しかしイラスト用に開発したわけじゃないから仕方がない

>>87
契約の種類が何パターンかあったはず
単純に登録するだけか、amazonが軽く宣伝してくれるかとか




85 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:42:37.12 ID:fOsiN9E8

電子化目の敵にしてる内に利益の半分もってかれてんじゃん
そうなる言われてたのに呆れて物も言えない




86 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:43:35.49 ID:gynLl9+2

Amazonの一件はおいといて
電子書籍が避けられない潮流って自覚はあるのかな。




87 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:43:38.13 ID:hi+Rt85T

個人で英語版の出版だと
作者の取り分は70%だけど・・・
ttps://kdp.amazon.com/self-publishing/signin
Kindle Direct Publishing (KDP)

Books self-published through KDP can participate in the 70% royalty program




89 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:43:50.83 ID:8in4Xatv

しかし編集職が高級取りって誤解は甚だしいな
そんなの講談社とかの一部の大手だけ
ラノベ界の覇者、角川系列でもアスキーメディアワークスとか昔から薄給で有名だぜ
正社員も少ないし
みーんな契約社員

で、粗製濫造のラノベ大量生産して、ヒット作だけ伸ばす方針
大量消費のための、まあ駄菓子みたいなもんだしな

まあそれでも作者の原文&初期構想のままにしとくととんでもないことになるから、ちゃんと手綱取るとこは取る
気づかれないように誘導するのが難しい
新人編集者はそーいうところが下手で困る




90 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:44:14.01 ID:Gjmf/sGR

まぁ、アメリカみたいにオンライン図書館での貸し出しが始まったら、デフレの世の中、みんな飛びつくだろうな。
できれば、漫画も貸し出してほしい




91 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:44:50.02 ID:JnwZw4rt

作家と直接契約する編集会社や校閲会社、フリーの人なんかが増えてくんじゃね。出版社じゃなくって。



92 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:45:19.13 ID:hi+Rt85T

キンドルは「活字」に特化しているから
「漫画」や「動画」は不向き

動く挿絵とか、おちゃらけはiPadに逝ってくれ




94 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:46:20.28 ID:MJupZIZr

灰倍価格 ⇒ 販売価格



96 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:47:23.70 ID:YrbZ19nQ

も~~業者泣かせは勘弁なぁ~
我侭放題!言いたい放題!ふざけるな!
日本国内で不買運動しちまうぞ!




98 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:48:10.25 ID:hi+Rt85T

作者は直接、自分で編集したAZW形式のキンドル本を
アマゾンにアップロードするほうが
70%の儲け

「アマゾンの本」「キンドルの本」が看板になるから
間に入った日本の出版社名とか意味なし




101 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:50:48.67 ID:IwaudMRu

>>98
同じようなアマゾンの本、キンドルの本の中に埋没するだけじゃね?
まあ、自腹で広告出稿すればいいんだけども




104 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:54:28.96 ID:oF86wTIp

>>101
名のある作家なら売れるかも知れない。
または、自己プロデュースができてパブうちが上手な作家ならいける
のかもね。

でも、大半の作家はそういう部分も含めて出版社にお願いしてるわけ
だから、自己プロデュースなんてやり方自体知らないんじゃないかな。

単純に知り合いのblogに宣伝してもらったからって、本が売れるワケ
じゃねえよ。




116 忍法帖【Lv=40,xxxPT】  投稿日:2011/11/02(水) 10:03:01.02 ID:9goAJf1l

>>101
>同じようなアマゾンの本、キンドルの本の中に埋没するだけじゃね?

「出版社経由なら同じような本でもそれぞれが埋没したりしない!」
みたいな言い方だな。




102 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:51:36.93 ID:MJupZIZr

>>98
それは単なる自費出版と同じで、誰も宣伝もしてくれないし、出版社名とかシリーズ名(~~文庫とか、、、、)
とかがないと、読者もろくに信用してくれないよ。
内容はともかく、例えば編集が悪くてマイナス書評かかれたりしたら、もう大変




105 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:55:03.21 ID:h1yBdxyO

中小企業はやって
新潮とかみたいな大企業はしない
って感じだろうな

どーなることやら




108 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:56:50.80 ID:oF86wTIp

>>105
中小の方がしないと思うよ。

前にAmazonが直取引をしませんか?っていう話がほとんどの出版社に届いたけど、
ほとんどの出版社はやらなかった。
まぁ、あの時は大手取次に目を付けられるのがいやだったって言うのもあると思うが。
中小は大手がやったら参加すると思う。




107 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:56:29.90 ID:3+vJ/COO

三橋貴明あたりなら、
即商売として成り立つんじゃねえの?
ネットで有名になった人だし。

最近出たマスコミの暴露本スゲー面白かったわ。




109 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:57:56.31 ID:1kA1YNS3

日経必死だな、他の大手に泣きつかれてるのもあるだろうが
電化出版が主流になって一番淘汰されそうなのが紙の技術書だからね。
単価も高いし、貴重な収入源が無くなったらやばいもんね。




110 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:59:13.36 ID:oF86wTIp

>>109
技術書は他の書籍と違って浮き沈みはあまり無いよ。
大半が会社の金で買うわけだし、安い・高いはあまり関係ない。

逆に一般書ばかり出してる出版社ばかり潰れてる。




111 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 09:59:54.02 ID:8Phisbcf

アマゾンはとりあえず吹っかけて来るだろうから、後は個別交渉だろ。
個別交渉出来ない連中がこれじゃ無理だ~って騒いでるのか?




113 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 10:01:23.58 ID:oF86wTIp

>>111
今回は一方的にAmazonが契約書を出版社に送っただけ。
後、個別交渉は受け付けないっていう話。
要は乗るか・反るかっていう話みたい。

で、多分ほとんどの出版社は乗らない。
以前のAmazon直取引と同じ感じになると思う。




117 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 10:03:06.31 ID:8Phisbcf

>>113
個別交渉は受け付けないなんて建前に騙されてるようじゃね。
古い体制の会社には無理かも・・・




121 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 10:06:28.02 ID:oF86wTIp

>>117
具体的な事は何も言わずに何いってんの?
知ったかも大概にしたら?




119 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 10:05:31.97 ID:gcOy9/4a

>>111
大手はすでに交渉決裂で「お断りします」になったようだな。

利益の55%を吹っかけられてる中小でも、そのあとのディスカウントにどれだけ乗るのか?
Amazonが出資するとか、借金を肩代わりしてやれば、契約に応じるんじゃ無いか。




112 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 10:00:07.48 ID:3+vJ/COO

結局、
大手出版社も地上派放送局も全国紙新聞社も
既得権益にしがみついて先細りするだけ。




114 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 10:02:17.06 ID:jImjYgll

英語対訳つけて出せば、捌ける部数は格段に増えるので
Amazon税払っても莫大な利益が転がり込むんだよな。
面子気にして儲け話をパーとかやはり大手は恐竜みたいな存在




118 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 10:04:11.94 ID:3+vJ/COO

電子化したものは、
辞書引くのも、ものすごく便利。

マウスのポインタを文字の上に合わせるだけで意味が出る。




120 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 10:06:20.00 ID:x1LXdSuf

牛耳ってる会社なら、最初に無茶な数字出すのは商売の常套だろう?
心理戦にどう対処できるかだな




123 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/11/02(水) 10:07:28.84 ID:3+vJ/COO

黒船にしてもGHQにしても、
腐敗して停滞した制度に風穴を開けるのは、
いつもアメリカ。





powered by 2ちゃんエディタ



Amazon kindle3
2chbusinessnewsをフォローしましょう
[ 2011/11/02 12:16 ] ビジネスnews+ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

アクセス元ランキング
最新コメント
プロフィール

まさを

管理人:まさを
2chビジネスNews速報は、主に2ちゃんねるであがった注目度の高いビジネス系のスレッドをピックアップしています。
たまにネタ系も掲載するかもです。

オススメ
メールフォーム
ご意見、相互リンク、相互RSS絶賛募集中!

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。